先輩社員の声 | 長村組は総合建設業を通じ、京都から社会の発展に貢献する企業です

075-463-4338(代)
お問い合わせ

長村組の採用情報 先輩社員の声

一つの大きなものを
みんなでつくりあげる

Interview 01

土木部 2015年入社

長村組へ入社したきっかけは?

もともとものづくりが好きで、専門学校で建設科を専攻していました。そんな学生時代にたまたま地元で長村組の土木工事の現場を見かけました。そこでいきいきと楽しそうに仕事をされている方々を目にして、自分もこの人たちのように地域の生活を支える仕事ができたらかっこいいなと思い入社しました。

現在はどのような仕事をしていますか?

現在は国道24号線の橋脚の耐震補強工事、また橋梁補修工事において協力会社の方々に指示を行い、現場の指揮をとっています。

土木部 先輩社員の働く様子

今まで経験してきた現場で、苦しかったことや嬉しかったことはありますか?

土木工事と言っても河川工事・道路工事など様々あり、同じ現場は1つとしてありません。現場が変わるたびに初めてのことばかりなので、最初は経験不足もあり不安になることも多く、苦しいと思うこともありますが、その反面、常に新たな経験ができることは楽しみでもあります。
嬉しかったことはやはり工事が無事に終わり完成したときです。それまでに重ねてきた苦労や努力が全て報われるような思いがあります。この瞬間の為に頑張っています。

将来の夢は何ですか?

色んな方と一緒に仕事をしていくうちに、この人のような技術者になりたいという目標が出来ました。自分が目標としている先輩方がいるように、今後は自分自身が後輩から目標とされるような人間になりたいです。

後輩へのメッセージ

土木(建設業界)はきつい、しんどいというイメージはあると思います。自分もそう思っていました。大変だと思うこともあると思いますが、1人で悩んで苦しむことはありません。必ず誰かが助けてくれます。勿論自分もそのうちの1人でありたいと思っています。
一つの大きなものをみんなでつくりあげる、すごくやりがいのある仕事だと思います。ぜひその中でやりがいを見つけてほしいと思います。

土木部 先輩社員

最後に、就職活動中の皆さまへ伝えたいこと

ぜひ一緒に地域の生活を支える仕事をしましょう!

現場ではたくさんの
笑顔が見られます

Interview 02

建築部 2016年入社

長村組へ入社したきっかけは?

在学中に学内で行われた企業説明会に参加したのがきっかけです。その時来られていた方々がとても親しみやすかったので、後日会社訪問もさせてもらいました。その際には現場に行って技術者の方と話しをさせてもらったのですが、気さくな方がとても多く社員間の距離が近いと感じ、そこに魅力を感じました。

現在はどのような仕事をしていますか?

現在は施工管理の仕事をしています。具体的には施工図面を作成したり、図面を基に材料を計算し発注したりしています。現場では職人さんに注意して施工してもらいたいところなどを事前に説明して、施工後に確認をします。

建築部 先輩社員の働く様子

今まで経験してきた現場で、苦しかったことや嬉しかったことはありますか?

現場は専門用語や材料の種類など、一般企業に比べると聞いただけではあまりイメージがつかない物事が始めは多かったので大変でした。そのことに慣れるまでは少し時間がかかるかなと思いますし、実際まだまだ日々勉強の毎日です。
嬉しかったことはやはり建物として残っていくので、竣工後にとても達成感を得られたことです。
また、発注者の方々がとても喜んで下さり、感謝の言葉をかけて頂くことが多く、ただ建物をつくっているだけではないんだと思えて嬉しくなります。

後輩へのメッセージ

現場ははじめは知らないことばかりですので、不安しかないと思います。そんな時はとにかく先輩や職人さんと喋ることが一番です。難しい話はいりません。職人さんと他愛ない会話をしているうちにどんどん知識が増えていきますし、その知識は必ず自分の糧になります。
そのためにも受け身でいるのではなく、自分から話しかける姿勢をもってもらいたいと思います。そんな人間には皆温かく接してくれます。この建設業界、想像されているよりも温かい人が本当に多いんです。

建築部 先輩社員

最後に、就職活動中の皆さまへ伝えたいこと

現場ではたくさんの笑顔が見られます。自分たちだけでなく職人さんや発注者の方々。本当にたくさんです。
そんな現場で一緒に働きましょう。

マイナビ2019

採用情報 Recruit